介護付き有料老人ホームとは何か、他施設との違いも解説

介護付き有料老人ホームとは何か、他施設との違いも解説

介護付き有料老人ホーム」とは、「健康型」「住宅型」「介護付き」の3タイプに大別される、有料老人ホームの類型の一つです。

なお、老人ホームには様々な種類がありますが、有料老人ホームはその中でも比較的自由度が高く、施設ごとに特色を出しているので選択の幅が広いことが魅力です。ただし、その代わり費用もかかります。

ここでは他の施設などとの比較もしながら、介護付き有料法人ホームについて解説していきます。

有料老人ホームとその他の老人ホームの違い

天秤のイメージ

老人ホームというと、有料老人ホーム以外で代表的なものが特別養護老人ホームです。

特別養護老人ホームは特に介護が必要な高齢者が入所し生活する施設で、終の棲家としての役割を担っています。介護が必要な高齢者の中でも特に介護度が高くなければ入所することができません。

また、多くのサービスや費用は介護保険制度によって提供(給付)されています。運営も社会福祉法人や自治体のみに認められており、公的な性格が強い施設です。

特別養護老人ホームについて詳しくはこちらをご覧ください。

一方、有料老人ホーム自体は広く高齢者が入居し生活するための施設で、介護保険制度とは別の制度です。

設置者も民間の株式会社などが運営するものが多く、サービスの内容や利用料金も幅が広くなっています。また、ほぼ全額自費での利用となります。

入居にあたっても、自由に選ぶことができるため、様々な角度から検討して自分に合ったものを選ぶことができます。

有料老人ホームの3タイプ

3つの四つ葉のクローバーのイメージ

前述した通り、有料老人ホームは「健康型」「住宅型」「介護付き」の、3つのタイプがあります。

「健康型」「住宅型」は、基本的に介護の必要がない方向けの施設です。

特に「健康型」は介護が必要となった場合には退去しなければならないものも多いようですが、施設数自体も多くはありません。

「住宅型」の方は施設とは別の介護サービスを利用することで、介護が必要となった後も入居を続けることができる施設も多くあります。

一方、「介護付き」は入居者にとって介護が必要なことを予め想定しているため、施設に入居しながら介護保険を使った介護サービスの利用ができます。

介護付き有料老人ホームを名乗るためには、都道府県等から介護保険法による「特定施設入居者生活介護」の指定を受けています(小規模の施設については市町村等から「地域密着型特定施設入居者生活介護」の指定を受けます)。

介護付き有料老人ホームにも大きく分けて2つのタイプが

施設に入居しながら介護保険を利用したサービスの提供が受けられる介護付き有料老人ホームですが、そのサービスの提供方法からさらに大きく2つに分けられています。

「一般型」と呼ばれているのが介護サービス計画(ケアプラン)の作成、サービスの提供までをすべて有料老人ホームの職員が行うものです。

もう一つが「外部サービス利用型」と呼ばれるもので、有料老人ホームの職員が行うのはケアプランの作成、安否確認、生活の相談などで、実際の介護サービス自体は、外部の介護サービス事業者によって行われるものです。

一般型の方は、有料老人ホームそのものでサービスがすべて完結する一方、できることはある程度決まっています。外部サービス利用型の方が、サービスの選択の幅がより広がるという面もあります。

介護付き有料老人ホームのサービスは

サービスのイメージ

有料老人ホームは、公共性が強い介護保険施設などとは異なり、多彩なサービスや設備、部屋のタイプから選ぶことができます。

一般的なマンションなどの集合住宅に近いタイプから、高級マンションやホテルのような設備やサービスを提供しているものまで様々です。その分料金の差も大きいと言えます。

サービス面では、有料老人ホームとして基本的に提供される、生活の援助、見守り、食事、緊急時の対応、健康管理、リクリエーション、その他日常生活に必要なものに加え、介護保険による介護サービスが提供されます。

具体的には入居者ごとに個別にケアマネジャーが作成したケアプランに基づき、食事、排せつ、入浴などの介助や機能訓練などが行われます。

介護付き有料老人ホームの料金は

有料老人ホームは、そのサービス内容や居室タイプから料金も設定も幅広くなっています。また、利用権方式、賃貸借契約方式などの契約方法があります。

入居にあたっても、初期費用として一時金(数十万~高額なものでは数千万)がかかる施設もあれば、ほとんど入居時に費用がかからない場合もあります。
毎月かかるものとしては、居室費、食費、日常生活費、光熱費などがあります。毎月10万円から30万円程度となることが多いようです。

さらに、これに介護サービスを利用した場合には、介護保険の自己負担分(1割~3割)がかかります。介護サービスの費用は、要介護度やサービスの利用料などによって異なります。要介護度が高くなり、必要なサービスの量が増えてくると、かかる費用も高くなっていきます。ただし、自己負担額は一定の上限額が定められているため、介護保険の範囲内であれば高くなりすぎることはありません。

料金について詳しく知りたい人は以下の記事を合わせてご覧ください。

【有料老人ホーム】の費用を解説!後悔しない住まい選びを

介護付き有料老人ホームに入居できる人は?

介護付き有料老人ホームへはあくまで有料老人ホームの一種であるため、特別養護老人ホームのように制度上の入居対象者は決まっていません。そのため、施設ごとに異なるため、よく確認する必要があります。

一般的には65歳以上の方を対象としている施設が多いようです。また、入居時に介護が必要とはなっていない(自立)状態でも受け入れている施設が大半です。

もちろん、介護が必要になってから(要介護認定を受けている)の入居でも可能な場合も多くります。
また、単身だけではなく、夫婦で入居も可能なこともあります。

このように様々な状態や条件であっても入居できる可能性があるのが特徴です。
介護付きではない有料老人ホームの場合、既に介護が必要となっていると入居できない等の条件がある施設もあるため、介護に不安がある人にとっては安心できる施設です。

介護付き有料老人ホームは

老人2人がリラックスするイメージ

介護付き有料老人ホームは、有料老人ホームであるために自由度が高く、自宅に近い感覚でありながら、介護保険の利用が約束されているために安心して介護を受けながら生活できる施設です。

また施設ごとにサービスや設備の違いも大きく、たくさんの中から比較検討でき、条件に合ったものを探すことができるのも魅力的です。

現在介護が必要ではなくても、将来に備えて介護付き有料老人ホームを検討するのも良いかもしれませんね。

(Posted by ysk6)

以下の記事もおすすめです。合わせてご覧ください。

老人ホームの費用を抑える方法

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年01月27日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

仕事お役立ちコラムカテゴリの最新記事