介護の仕事に向いている人とは?介護業界で働く前に知っておきたい適性チェック

介護の仕事に向いている人とは?介護業界で働く前に知っておきたい適性チェック

疑問を持つ女性のイメージ

どのような仕事をするにも、適性は気になるもの。自分に向いている仕事をしたほうが活躍できる機会も多いですし、ストレスも少なく働けます。

「私にも、介護の仕事はできるのかな?」

介護の仕事に興味を持っている方のなかには、自分が介護職に向いているのか、気になる人もいるでしょう。

私は、管理職として、今まで多くの介護職員と働いてきました。現場の職員を監督する立場で働いていると、介護の仕事にも「向いている人」「向いていない人」の違いがあることに気づくものです。

そこで、管理職の経験をもとに、どのような人が介護職に向いているのか紹介します。介護の仕事をはじめる前に、自分の適性をチェックしてみましょう。

「私生活での介護経験を活かして働きたい」と言う動機は甘い?仕事とプライベートの介護の違い

介護の仕事に「向いている人」「向いていない人」

コミュニケーションの画像

はじめに、介護の仕事に「向いている人」の特徴を挙げてみると、次のような人が該当します。

  • 誰かの役に立ちたいと思っている人
  • 気配りができる人
  • 臨機応変な対応ができる人
  • 人と関わることが好きな人

介護現場では、入院中の患者さんや介護施設に入所・通所している利用者さん、ご家族、職員、福祉関係の業者など多くの人と関わります。ですから介護の仕事では、人のために行動することができ、誰とでもコミュニケーションをとれる能力が必要です。

特に、患者さんや利用者さんは、障がいや加齢の影響によって自分ひとりでは身のまわりのことがおこなえずに、精神的に落ち込んでいる方も多いです。そのため、思いやりがあり、困っている人の役に立ちたいという気持ちがある人にとっては、介護職はやりがいの感じられる仕事になるでしょう。

一方で、介護の仕事に「向いていない人」の特徴は、以下のようなことが挙げられます。

  • お金を稼ぐことだけを目的に働く人
  • 体力がない人
  • 他人の気持ちに感情移入しすぎる人

収入を得ることは、生活をしていくためには大切なことですが、介護の仕事は心身の負担も大きいです。毎日、患者さんや利用者さんのことを気遣いながら、からだを使って生活を支援する必要があるので、誰かの役に立ったり、人と関わりたかったりする気持ちがないと、長く働き続けることは難しいでしょう。

また、意外に思われるかもしれませんが、介護の仕事をするには、他人の気持ちに寄り添い過ぎてしまう方も向いていません。

というのも、介護職は、利用者さんやご家族の生活の困難さや悩みに向き合わなければならない場合もあるからです。相手の気持ちに感情移入しすぎることで、仕事を通して精神的なストレスが大きくなり、体調を崩してしまうこともあります。

このような介護の仕事の特徴を踏まえると、他人の気持ちに寄り添うことができ、利用者さんやご家族の抱える問題と適度な距離感をとりながら働ける人が、介護の仕事に「向いている人」と言えるでしょう。

色々な経歴を持つ人が働いている

パソコンで仕事をする女性

介護の仕事に興味がある方のなかには、自分の職業歴が気がかりとなっている人もいるでしょう。未経験の業界で働くことは、誰にとっても不安を感じられるものですが、色々な経歴を持った人が働いているのも介護職の特徴です。

例えば、私が介護施設で一緒に働いていた女性職員は、50歳まで専業主婦をしており、ご主人の定年退職をきっかけに介護の仕事をはじめました。また20代の男性職員は、大学を卒業後に建設業界へ就職し、その後、もともと興味があった介護職に転職したと言います。

もちろん、介護業界で長く働いてきたベテランの職員もいますが、全く違った業界で働いてきた方も多いです。ですから、介護の仕事の経験がないからといって、自分の職業歴に引け目を感じる必要はないでしょう。

また、介護業界では、働いている職員の年齢層もさまざまです。介護労働安定センターの「介護労働実態調査の結果(平成30年度)」によると、介護の仕事をしている方の年齢割合は次のようでした。

年齢層 割合
20歳未満 0.4%
20歳以上25歳未満 3.4%
25歳以上30歳未満 5.8%
30歳以上35歳未満 8.4%
35歳以上40歳未満 10.3%
40歳以上45歳未満 12.8%
45歳以上50歳未満 12.3%
50歳以上55歳未満 11.5%
55歳以上60歳未満 10.7%
60歳以上65歳未満 9.4%
65歳以上 12.2%

(引用:平成 30 年度 「介護労働実態調査」の結果 介護労働安定センター)

このように、幅広い世代の方が、まんべんなく介護の仕事に携わっています。
介護に興味のある方が、職業歴や年齢を気にせずはじめることができるのも、介護の仕事の魅力です。

定年後に介護職でセカンドキャリアをスタートできる?メリットとデメリットをご説明

職場で働きながら、資格を取得する方法もある

ステップアップ

実は、資格がなくても介護の仕事をおこなうことができます。専門資格がなくても、利用者さんの食事やトイレなどの介助ができますし、無資格の方を対象にした病院や介護施設の求人もあります。

そうはいっても、仕事をするなら専門的な知識や技術を身につけたいですし、資格があったほうが自信を持って働けるという方もいるでしょう。実際に介護現場では、「介護職員初任者研修(ヘルパー2級相当)」などの資格を保持している方も多いです。

介護の専門資格を取得する過程では、効率的な介助方法や精神的な支援などの介護スキルも身につけることができます。そういったスキルを身につけることで、患者さんや利用者さんの「安楽で楽しい生活」の支援がおこないやすくなるでしょう。

病院や介護施設によっては、介護職員のスキルアップの一環として、「介護職員初任者研修」などの資格取得にかかる費用を補助してくれる職場もあります。

介護の仕事をおこなっていく時には、職場の補助を受けながら、介護の実務経験と専門的なスキルアップを図り、自分の手でひとりでも多くの方の支援をおこなっていきたいものですね。

(Posted by 田口昇平)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年12月18日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

仕事お役立ちコラムカテゴリの最新記事