ケアマネが教える!苦手な医療スタッフとの連携、上手くいくコツ

ケアマネが教える!苦手な医療スタッフとの連携、上手くいくコツ

高齢者の方が退院からスムーズに在宅生活を送る上で、ケアマネと医療スタッフの連携は必須と言えるでしょう。しかし、ケアマネ研修では介護分野の勉強が中心のため、ケアマネージャーの中には医師や看護師など医療スタッフと連携をとることが苦手なもいるはずです。

筆者は理学療法士とケアマネジャーを兼務しており、病院から在宅分野まで幅広く経験してきました。

今回は、ケアマネとして苦手な医療スタッフとの連携がうまくいくコツをご紹介します。

ケアマネージャーの具体的な仕事内容を知りたいという人は以下の記事をご覧ください。

【ケアマネージャーってどんな仕事?】気になるケアマネージャーの仕事を覗き見♪

医療職との連携は必須事項

入院期間が短縮され、早期退院、在宅復帰が掲げられるようになり、これからよりケアマネージメントの業務は重要な役割を担います。

さらに、ケアマネジャーの診療報酬の中には退院退所加算というものがあります。退院退所加算とは利用者が病院や介護施設を退所する際に病院等の職員と面談し退院後に利用するサービス等の調整をすることで加算がつく仕組みです。

この連携が3回以上になる場合には、担当医師との退院前カンファレンスが必須となります。そのため再入院が多い方のケアマネージメントを担当する場合必ず医療職との連携が必要になるのです。

ケアマネが医療スタッフとの連携が苦手な理由

なぜ苦手意識を持つ方が多いのでしょうか。

ケアマネジャーの方は介護職の出身者が多いため、特に新米のケアマネの場合には医療分野の知識が不足しやすい傾向があると言われています。また、病院や診療所などは多忙であったりと医師や医療スタッフとスケジュール調整が難しく、どうしても気後れしてしまうといった意見を耳にします。

この「医療知識の不足」「時間調整の難しさ」の2つがより医療スタッフとのコミュニケーションを難しいと感じてしまう原因といえるでしょう。

コミュニケーション方法のコツ

では、どのようにコミュニケーションをとることで苦手意識を解消できるのでしょうか?

在宅で利用者さんが生活するためには、ケアマネが個々人の問題点を把握しておく必要がありますが、全ての知識を一人で抱え込む必要はありません。そのため、関わるスタッフを巻き込んでいくように心掛けることがよいでしょう。

具体的には、まず下記の3点を試すことで医療職とのコミュニケーションに関して苦手や不安を解消できるはずです。

診断名に沿って注意事項を確認

とにかく苦手意識が強い場合などは、まずは入院の原因となった診断名について話を広げていきましょう。

在宅生活での注意点や日常生活動作のポイントなど診断名から話を広げるだけで各医療職から広く意見がきけるはずです。

専門職の強みを活かした助言を得る

退院後に生活をする上で、職種ごとに視点が異なるため職種ごとに聞いておきたいことを前もってまとめておくとよいでしょう。役割を意識してコミュニケーションをとるとスムーズに意見交換することが可能です。

例えば、内服管理や病状の変化による受診の目安などは、看護師からヘルパーや家族など関係者に周知してもらうなど職種による役割を把握しておくことが大事です。

また、ケアマネは常に現場にいるわけではないため、在宅で関わる他事業所から質問事項を収集しておき、医療スタッフに答えてもらう掛橋の役割を意識するとよいでしょう。

カンファレンスの前に確認事項を送付しておく

病院では緊急対応などスケジュール調整がつきにくいのも事実で、日程調整に頭を悩まされることがあるのではないでしょうか。病院で開催される会議では、医療職のスケジュールが優先される傾向もあるでしょう。

限られた時間で苦手意識を解消するためには、前もって会議で確認しておきたい事項を知らせておくことが有効です。その際に、入院前の課題や問題点などを併せて伝えておくとより広い視点からの解決策を見つけることができるかもしれません。

地域相談室や病棟看護師に事前に確認事項を記載した書類を提出しておけば、カンファレンスの進行も円滑に行えるのです。

より苦手を解消するには医療介護連携研修会を活用

最近では、多くの地域で医療と介護の連携研修会などが開催されています。

在宅医療に関しては医師や看護師による勉強会も多く、そのような研修会に参加しているスタッフはその地域における在宅での中心的役割を担ったり、他職種連携に力を入れていたりする場合が多いのです。

研修会に参加し顔の見える関係を構築しておくことで、日々の業務で困ったりした場合でも連係が取りやすくなります。他職種と円滑に仕事を進める上でおすすめの方法のひとつです。

まとめ

医療職とのコミュニケーションが苦手なケアマネジャーは少なくありません。しかし、病院での入院日数を短縮し在宅で過ごすという現在の流れは、今後よりケアマネジャーと医療職での連携が求められているとも言えるでしょう。

医療の知識で分からないことがあれば、専門職を頼ることが大事です。ですので、少しずつでも苦手意識を解消できるように上記でお伝えしたコミュニケーションのコツを意識してみてください。

(Posted by 大世渡渉)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年01月28日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

仕事お役立ちコラムカテゴリの最新記事