【ケアマネージャーってどんな仕事?】気になるケアマネージャーの仕事を覗き見♪

【ケアマネージャーってどんな仕事?】気になるケアマネージャーの仕事を覗き見♪

ケアマネージャーのイメージ画像

ケアマネージャーってどんな仕事?

ケアマネージャーがプランをたてるイメージ

ケアマネージャーは、簡単にまとめると、介護支援専門員と呼ばれる資格を持ち、要介護認定を受けた介護保険の利用者が自立した生活をするために様々なサービスを利用できるよう、計画(ケアプラン)の作成や調整を行っています。介護保険制度の要ともよく言われています。

介護保険を利用する人は、大きく分けると居宅(在宅)でサービスを利用しながら生活する人、施設などに入居して生活する人に分けられます。そのため、ケアマネージャーの職場も大きく分けて居宅系、施設系に分けられます。これらの他、地域の高齢者全般の相談機関である、地域包括支援センターや自治体に勤務する人たちもいます。これら地域で活動するケアマネージャーは、指導的な立場となったり、要介護状態になる前に介護予防に取り組んだりする仕事もしています。

ケアマネージャーの仕事の流れ

仕事の流れのイメージ

ケアマネージャーの仕事のメインは、介護保険の利用者ごとのケアマネジメントにあります。主に、アセスメント(状態を把握して必要なサービスを見立てること)、ケアプラン(介護計画)の作成・実行、定期的なモニタリング(評価)を繰り返し行っています。PDCAのサイクルを回すようなものとイメージしても良いかもしれません。

それぞれの局面をもう少し具体的に見てみましょう。以下は、在宅で介護保険サービスを利用しながら生活している人を支える「居宅介護支援事業所」に勤務するケアマネージャーの主な仕事の例です。

アセスメント

最初に行うのがアセスメントです。利用者やその家族から、現在の身体的機能や生活状況、今後の希望などの情報収集をします。例えば、困っていることやできないことがあればそれはなぜできないのか、どうすればできようになるのか。何が必要となるのかなど項目ごとに解決方法を探っていきます。利用者と一緒に考えて行くという姿勢が大切です。

ケアプラン(介護計画)の作成・実行

アセスメントをしたら、そこで得た情報をもとにサービスを組み立ててケアの計画案を作成します。例えば、日中自宅以外で過ごす場所が必要な場合にはデイサービスの利用、自宅での介助や家事の必要性があれば訪問介護の利用、リハビリ等が必要であれば通所リハビリテーションの利用などです。

ケアの計画案ができたら、介護計画サービス担当者介護という、利用者やその家族、利用するサービスを提供する事業者などを一堂に会した会議を経て、調整をした後にケアプランが出来上がります。ケアプランは短期的・長期的な目標が設定され、主に週単位で、どのようなサービスの利用をするかなどの計画表が作成されます。その後は、ケアプランに基づいてサービスの提供が行われます。

モニタリング

月に1回は利用者のもとを訪問します。そこでケアプランが問題なく機能しているか、状況に変化がないか、新たなニーズがないか、また、目標が達成されているかなどを見ていきます。実際に状況を確認できる良い機会です。変化に応じて、必要があれば計画の変更も行います。これを毎月積み重ねていくことで利用者との信頼関係を築いていきます。

この「アセスメント・ケアプランの作成・モニタリング」の一連の流れをケアマネジメントと言います。

その他多くの仕事

全体に渡る仕事として欠かせないのがサービス事業者など関係者との連絡調整です。

サービスが適切に提供されているかの確認、何か気になる報告を受けた場合にはその確認や対策の検討、また、それぞれのサービス事業者の介護報酬の請求を取りまとめる給付管理と呼ばれる仕事も大切です。

介護保険以外のことでも、何か困りごとなどがあれば相談に乗り、適切な関係機関などに繋げます。小規模な事業所などでは、自らの事業所の介護報酬の請求、運営面などの業務を行うこともあります。

さらに、ケアマネージャー自身のこととして様々な研修にも参加しています。介護支援専門員の資格は5年ごとの更新制であるため、時期に応じて法定研修を受講しなければなりません。また、介護保険は制度改正が多く、常に最新の情報を入手しておかなければなりませんし、医療や社会保障制度など多くの知識が必要です。そのため、自己研鑽のための研修に参加する人も多いです。このように、ケアマネージャーの仕事は多岐にわたります

理解していますか?経営を支える介護報酬請求業務について

施設等に勤務するケアマネージャーの仕事

施設のイメージ

居宅介護支援事業所以外だと、介護老人福祉施設(特別養護老人ホーム)や介護老人保健施設などの介護保険施設、小規模多機能型居宅介護、認知症対応型共同生活介護(グループホーム)などの施設で勤務するケアマネージャーも多くいます。この場合、その施設に入所、利用している人のケアマネジメントを行います。

主任ケアマネージャーにも更なる活躍の場も

ケアマネのキャリアアップのイメージ

さらに、経験を積んだケアマネージャーは、研修を受け主任ケアマネージャー(主任介護支援専門員)となることもできます。主任ケアマネージャーには、指導的な役割が求められていて、ケアマネージャーのまとめ役と言っても良いかもしれません。また、今後は居宅介護支援事業所の管理者は主任ケアマネージャーでなければならないため(現在は経過措置中)、より管理職的な役割を担っていくでしょう。

居宅介護支援事業所や介護保険施設のほか、地域保活支援センターにも主任ケアマネージャーの配置が必要であるため、活躍の場も広がります。

(Posted by ysk6)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2019年11月09日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

仕事お役立ちコラムカテゴリの最新記事