【アセスメントシートの書き方はこれを押さえよ】正しい書き方を押さえて、質の高い介護を

【アセスメントシートの書き方はこれを押さえよ】正しい書き方を押さえて、質の高い介護を

こんにちは。社会福祉士・ケアマネジャーの吉田です。

“アセスメント”とは、「事前の評価や査定、予測」という意味合いがあり、介護の現場ではよく耳にする方も多いでしょう。介護保険サービスの利用で欠かせないアセスメントシートは、高齢者の解決すべき生活課題(ニーズ)の抽出やケアプランや介護計画書の作成・介護保険サービス選択の根拠となる情報のひとつです。
今回は、介護保険サービスの根拠となるアセスメントシートについて、記載する内容や作成のポイントについてご説明させていただきます。
アセスメントシートの作成に携わる方はぜひ参考にしてください。

アセスメントシートは支援のベース

“介護”というと、排泄介助や入浴介助などをイメージする方が多いのではないでしょうか?しかし、事前の情報収集であるアセスメントはケアマネジャーだけではなく介護職員にとっても重要な作業となります。
アセスメントを実施することで利用者の基本情報はじめ、どのような背景がありどのようなサポートを必要としているのかということを具体的に情報収集・分析できます。

アセスメントを経て作成されたアセスメントシートは主にケアプランの作成で活用されます。最も基本的でサービス提供の根拠となるアセスメントシートは、利用者の心身状態や家族の状況や介護力、ADL(日常生活動作)、課題などを詳しく把握することができます。
適切に記入されたアセスメントシートは、多様な介護保険サービスの中で、どの介護保険サービスを選択すればより良い支援ができるのかを見つけ出すツールとなるでしょう。

アセスメントシートの目的

アセスメントシートは、ただ単に利用者から情報取集を行えば良いという訳ではなく、厚生労働省が定めたヒアリングポイントをまとめたアセスメントシートを活用する必要があります。
また、アセスメントはサービス導入時だけでなくサービス提供後のモニタリング(評価)や利用者の心身状況に応じて随時実施されるものです。

「アセスメント→ケアプラン作成→サービス提供→モニタリング→再アセスメント→ケアプランの見直し・・・」というサイクルで、利用者の希望やニーズにあったサービス提供を目指す目的があります

アセスメントシートの内容

アセスメントシートは、「基本情報に関する項目」と「課題分析(アセスメント)に関する項目」と、大きく2つの項目について情報収集していきます。
以下の厚生労働省が指定する課題分析標準項目(23項目)の聞き取りを行わなければいけません。

基本情報に関する項目

 

1 基本情報―氏名や性別、住所、電話番号など利用者の基本的な利用者情報・家族等の基本情報

2 生活状況―利用者の現在の生活状況や生活歴等

3 利用者の被保険者情報―利用者の介護保険や医療保険の被保険者情報・生活保護、身体障害者手帳の有無等

4 現在利用しているサービス等の状況―介護保険給付内外問わず、利用しているサービスについて

5 障害高齢者の日常生活自立度―ランクJ〜Cの日常生活自立度(寝たきり度)

6 認知症高齢者日常生活自立度―自立ランクⅠ〜Mの認知症の方の日常生活自立度

7 主訴―利用者やご家族の主な希望、要望

8 認定情報―利用者の要介護度区分・審査会の意見など認定結果の情報

9 課題分析(アセスメント)理由―アセスメントの理由(根拠)

 

課題分析(アセスメント)に関する項目

10 健康状態―利用者の健康状態について(既往歴・主傷病等)

11 ADL(日常生活動作)に関する項目―起居動作・移乗・移動・食事・更衣・排泄・入浴・整容動作の状態

12 IADL(手段的日常生活動作)に関する項―買い物や服薬管理、電話の応対、金銭管理等

13 認知―認知能力の程度に関する項目

14 コミュニケーション能力―視力、聴力、意思伝達等

15 社会との関わり―社会との関わりに関する項目(喪失・孤独の有無等)

16 排尿・排便―排泄の頻度、ポータブルトイレ、おむつなどの使用状況、失禁状況等

17 褥瘡・皮膚の問題―褥瘡(じょくそう)、皮膚の清潔状況

18 口腔衛生―歯や口腔内の状態、衛生等

19 食事摂取―栄養、食事回数、水分量等

20 問題行動―暴言暴行、徘徊、不潔行為等の問題行動の状況

21 介護力―介護者の有無や介護意思等の介護力に関する項目

22 居住環境―利用者の居住環境、住宅改修の必要性について

23 特別な状況―介護者による虐待や終末期ケア(ターミナルケア)、特別な医療に関する項目

アセスメントシート作成のポイント

 

アセスメントは利用者中心に作成する

適切なアセスメント実施には、聞き取り者と利用者、家族との信頼関係が欠かせません。プライバシーに関わることを聞いているという自覚を持ち、マナーと節度をもった対応が求められます。
また、聞き取り者が先導するのではなく利用者の言葉のペースに合わせて共に考える」スタンスで臨み知り得た情報を多面的に分析することが重要です。

誰が見ても分かる内容を記す

アセスメントシートはケアマネジャーのメモではありません。
利用者情報として誰が見ても理解できるように記入する必要があります。

アセスメントシートを分かりやすく記入するために以下の工夫をしてみましょう。

・5W1H(いつ・どこで・誰が・何を・なぜ・どのように)
・利用者のニーズ・訴えに対しての問題点やリスク、解決しうる環境などを具体的に明記する
・主観を入れず客観的に記載する
・「娘の希望」ではなく「長女の希望」などと主語を明確にする
・略語は使用せず正式名称を使用する

【まとめ】適切なアセスメントシートはより良い介護への一歩

車いす 介護
いかがでしたでしょうか?
今回は、介護保険サービスの根拠となるアセスメントシートについて詳しくご説明させていただきました。

アセスメントシートの情報収集は、解決すべき課題と利用者の心身状況を明らかにし、目指すべき援助方針を導きます。
情報の抜け落ちは大きな事故や実施指導での指摘に繋がる恐れがあるため、聞き取りをするケアマネジャーはアセスメントスキルを身につけ正確にアセスメントしなければいけません。
知識とスキルを向上し、適切な介護の提供と利用者の自立した生活を実現するケアプラン作成のため、より良いアセスメントを目指していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
※掲載情報につきましては、 2020年03月27日公開時点のものです。 施設情報・制度・資格などにつきましては、改定などにより最新のものでない可能性があります。必ず各機関や団体、各施設などにご確認ください。

仕事お役立ちコラムカテゴリの最新記事